日記

2018/03/01

中学1年 ダンス発表会

2月24日(土)に中学1年生ダンス発表会が行われました。

3学期の体育の授業で曲選びから始め、班編成、振付け、すべて自分たちの手で作り上げました。

途中で振付けが進まず苦戦したチームもありましたが、最後の発表会はみんな笑顔で踊ることができました。

この授業を通してお友達との友情も深められたのではないかと思います。

当日は多くの保護者の方にも見ていただくことができ、本当に感謝いたします。

 

(生徒の感想より)
・最初は「このグループでやっていけるのかな」という不安があって、最初の授業の時も振りや立ち位置がなかなか決まらなかったりしましたが、時間が経つにつれてみんな次第に振りを覚えて、そろってきて、分からない所があればみんなで毎日お昼休み、放課後を使って練習してきたので、発表の日は良い結果が出せたと思います。

・グループのみんなで一つのものを作り上げるのは初めてだったので、意見が合わなかったり、なかなか振りが決まらなくてとても焦ったり大変でした。(中略)けれど、だんだん踊っているうちにグループの友達と顔を見合わせたりしながら、とても楽しくなってきて、少し失敗してしまったところもあるけれど、とても良い最高の思い出になりました。

・大変なこともあったけれど、何よりもみんなと踊れたことが楽しかったです。終わってから友人や母に「キレキレに踊れてた、かっこよかった!」と声をかけてもらった時には本当に嬉しかったです。

・このダンス(体育の)で今まで話せなかった人とも積極的に話せるようになりました。次回はもっと自分の意見をしっかり言って、班のみんなで一つのダンスを作りたいです。覚えるのは大変でした。しかし、発表会の最後(踊り終わった時)のみんなの歓声が今までの苦労を吹き飛ばすぐらい嬉しかったです!