小学部

千葉県水道局、出前授業

投稿日2019/10/31

 10月21日(月)、4年生は、水の学習で千葉県水道局の6名のみなさんから、どのようにして安全な水が市民のみなさんに届くかといことについて学びました。国府台女子学院は、江戸川の水をきれいにして飲料水にしていますが、児童それぞれの地域に浄水場があり、川の水をきれいにする様々な科学的な工夫をしているという話がありました。

 その工夫について、子供たちは実際に実験をしてみたり、紙芝居を見たりしながら、改めて濾過装置の仕組みや薬品を適切に使っての安全な水づくりの大変さを理解したようです。また、たくさんの行程を経ていくために、多くの専門のスタッフが研修を重ね、各家庭においしい水を届ける努力を重ねていることも分かりました。そして、水道局のマスコット「ポタリちゃん」と記念撮影をして、講習を終えました。

 これまでですと、最後においしい水がプレゼントされるのですが、今年は、台風15号、19号で被災された千葉県のみなさんにその水をお届けするということでお話がありました。子供たちは、大変な状況のみなさんの役に立つということで、笑顔で納得していました。