高等部

美術デザインコース課題 粘土による立体構成

投稿日2020/10/17

美術デザインコース高校2年生が制作した水粘土(水で練る粘土)の課題です。

ピーマンの模刻(もこく)と6面体を組み合わせています。

立体は向き不向きや好き嫌いがわりとはっきりします。粘土を受験に使う人はかなり少ないのですが、この課題で工芸や彫刻を志した生徒もいましたので、一度は経験しておくべきかと思います。

初めてにしてはなかなか出来が良いのではないでしょうか。本校の生徒は優秀だなと思います。